タイラバ

タイラバは合わせないでコレをやれ!

人気のマダイをはじめ、様々な魚種を狙うことができるタイラバ。

誰でもできる簡単なようで奥深く、特に、

アタリを乗せるのが難しい!

と、感じている方も多いのではないでしょうか。

タイラバの奥深さ、面白さの1つでもあるとは思うのですが、やっぱりアタリはできるだけ多く乗せていきたいですよね^^

今回はとある船長に聞いた乗せるコツをお伝えしたいと思います。

アタリがあったら竿先を下げつつ、巻く速度をゆっくりにする!

竿先を下げるのも、巻きスピードを遅くするのもどちらもタイラバの速度を下げます。

船長によれば、その日、そのマダイによって浮上するタイラバを追いかける限界の水深があるそうです。

タイラバの速度を下げることによってマダイにアピールできる時間を長くしよう、という作戦です。

図で理解していきましょう^^

下の図のように、アタリが出ました。

そしてその上に「その日のマダイが追いかける水深」を設定します。

アタリが出てから、竿先を下げずに一定の巻きスピードを維持した場合は

マダイが追いかける水深をあっという間に過ぎてしまい、アタリを乗せることができません。

ところが、アタリが出てから竿先を下げて、巻きスピードをゆっくりにすると・・・

同じ時間巻いていてもタイラバの速度がゆっくりになるため、マダイが追いかける水深までたっぷりアピールできるため、アタリを無事乗せることができました^^

比較するとこんな感じ

緑の矢印と青の矢印はどちらも同じ時間巻いたものですので、緑の矢印の方がマダイが追いかける水深までをたっぷりアピールできていることがよくわかります。

いや、別にそれやらなくても釣れるんだけど・・・

という声が聞こえてきそうですね^^;

私も船長にそう尋ねました(笑)

船長によれば渋い時はマダイがタイラバを追いかける水深がどんどん低くなるそうです。

イメージは下のような感じ。

こういう時に、上記のコツを試していただければ乗せることができるタイが増えてきます^^

渋い時こそ実践!!

私もタイラバ大好きなのですが、何故か私が行く時は激シブなことが多く、苦戦することも少なくありません笑

皆さんもぜひコツを実践して、一緒にマダイ爆釣への道を歩んでいきましょう!

最後にもう一度!

アタリがあったら竿先を下げつつ、巻く速度をゆっくりにする!

ABOUT ME
もへじ
釣りが趣味のアラサーです。外房ヒラマサ、サーフ、湾奥シーバス、芦ノ湖のレイクジギングなどなど。好きな言葉は「コスパ最強」。2級小型船舶免許、PADI AOW持ってます^^ twitterもやってます。ぜひフォローしてください^^