釣行記

初挑戦!東京湾のタイジギング!(2022/8/1)

今まで東京湾でタイラバを楽しんできましたが、タイジギングでも真鯛が釣れるという話を耳にしました。

友人の友人がタイジギングの達人とのことで、教えていただけることになりました。

今回は横浜ベイサイドマリーナ(YBM)でボートをレンタルして釣りにいきます。

夏の真鯛は浅場を狙う!

東京湾の夏の真鯛は水深10~20mぐらいの浅場を回遊しているようで、今回は浅場メインでの釣行です。

まずは近場の浅場で釣りを始めます。

釣り方はジグを投げて、ボトムを取ったらドラグを出しながらゆっくり巻く。

これをひたすら繰り返します。

すると、フォールしている最中に突然ラインが走りだしてヒット!

ドラグを効かせながらゆっくり上げると70cmほどのサワラ!!

しかし、船縁で横を向いた瞬間にラインブレイク。

痛恨のバラシ・・・(笑)

サワラが横を向いた時にリーダーが歯に触れたのでしょう。

その後もマリーナ近くの浅場では真鯛の反応が得られず、場所移動です・・・

ちなみにヒットしたジグはDUOのドラッグメタルキャストTGの40g。カラーはアカキンでした。

場所移動して湾口へ

ボートから見た観音崎

大きく場所移動して、湾口へ移動してきました。

水深は20m程度。

先ほどのポイントより潮が効いていて、雰囲気◯

友人と達人が1匹ずつカサゴを釣ります。

しかし、私はノーフィッシュ(笑)

残り時間わずか・・・

レンタルボートも残り時間わずかとなり、最後はマゴチを狙いに行くことにしました。

魚探の反応はとっても良い感じ!

友人がエイを釣ってワイワイした直後に・・・

ヒット!

美味しそうなマゴチが釣れました^^

ボウズかなぁと思っていましたが、すべりこみセーフですね(笑)

ヒットルアーはBuddy WorksのFLAG SHAD。カラーはOKZオレキンザブトンでした。

ジグヘッドはスイミングテンヤ30gを使いました。

タイジギングの釣り方

さきほど説明しましたが、タイジギングの釣り方はいたってシンプル。

タイジギングの釣り方
  1. 軽くキャスト
  2. ボトムを取る
  3. ドラグをずるずるにして、ドラグを出しながらゆっくり巻く
  4. アタリがあっても合わせず、巻き続けて乗るのを待つ

タイラバと同じような感じですね。

浅場をキャストして斜めに引く釣りなので、スピニングタックルがおすすめです。

使用するジグはタングステンの30~60gで、達人はダイワのTGベイト以外使っていませんでしたね。

今回のタックル

いつものボートシーバスタックルを使いました。

達人はソリッドティップとチューブラーモデルのSLJロッドを使い分けていました。

まとめ

釣行時の情報

日付:2022/8/1

旧暦:7月4日

月齢:3.4

潮回り:中潮

釣れた時の潮位:干潮潮止まり〜上げ始め

天気:快晴

気温:33℃

風向き、強さ:3~4m/s 南

最後になんとかマゴチが釣れたからよかったものの、マゴチが釣れてなかったら最初のサワラバラシを悔やみ続けたことでしょう。(笑)

いや、悔やんではいますが(笑)

来週もボートをレンタルする予定なので、タイジギングリベンジ果たしたいですね。

ABOUT ME
もへじ
釣りが趣味のアラサーです。外房ヒラマサ、サーフ、湾奥シーバス、芦ノ湖のレイクジギングなどなど。好きな言葉は「コスパ最強」。2級小型船舶免許、PADI AOW持ってます^^ twitterもやってます。ぜひフォローしてください^^